HOME | dailymanagement

結露

冬場など、室内と屋外の気温差が大きくなる時期にご注意ください。
特に気密性が高い物件ほど結露が起こりやすく、クロスの剥がれやカビの発生の原因にもなります。こまめな換気と清掃などで対策をお願いします。
 

各部屋の温度差をできるだけ少なくしましょう

極端に暖かい部屋や寒い部屋をつくらないように、各部屋の室内の温度差を少なくしましょう。結露は、室内と室外の温度差が大きく、さらに室内の湿度が高く、空気中に多量の水蒸気が含まれている状態の時に発生しますので、冬季の暖かい部屋には結露が発生しやすくなります。

 

こまめに窓を開けて換気をしましょう

お部屋で快適に過ごすため、こまめに室内の換気を行い、空気を取り入れるよう心掛けましょう。1日1回すべての窓を開け換気を行いましょう。
 

吸気口を開けるようにしましょう

居室内にある、丸形や四角型の吸気口を開いて外気の開きましょう。ずっと吸気口を閉めたままにすると、カビやシックハウスなどの原因にもなります。
 

靴箱や押入れの換気もしましょう

部屋だけでなく、靴箱・キッチンの戸棚・トイレ・浴室・洗面所など湿気の多い場所にも、空気を入れ替えましょう。押入れや物入れにもスノコを敷いたり、開けることで通気が必要です。天気の良い日は押入れ内の荷物を出し、中を乾燥させるとともに、布団を干すことをおすすめします。
 

家具は壁から少し離して置きましょう

家具・ベッド・冷蔵庫などは、壁から5cm以上離して置き、風の通りをよくしましょう。
 

キッチン、浴室の換気も十分にしましょう

料理のときは、換気扇を必ず回しましょう。また浴室は、入浴後にドアをコブシひとつ分ほど開けて、湿気がなくなるまで換気扇を回してください。

カビ・ダニ

 
梅雨や冬の時期には、結露が起きやすく浴室や洗面所・収納などにカビが多く発生することがあります。カビはダニの発生を招いたりします。十分な換気や除湿器具の使用などにより、カビ・ダニの発生を防止しましょう。
 

換気を十分にお行いましょう

室内の換気を十分にせず、また結露を放置しておくと、畳やふすま、壁、天井などにカビが発生します。「結露」を参考に換気を行い、また、結露が発生した場合はすぐに拭き取って乾かし、カビの発生を防いでください。
 

吸気口を開けるようにしましょう

居室内にある、丸形や四角型の吸気口を開いて外気の開きましょう。ずっと吸気口を閉めたままにすると、カビやシックハウスなどの原因にもなります。
 

清潔を心がけましょう

カビを放置したままのところや掃除が行き届かないところにダニが発生しやすくなります。換気によってカビの発生を防ぎ、万一カビが発生した場合にはすぐに除去するようにしましょう。また、掃除機で丁寧にホコリを吸い取ることで、ダニの発生を抑えることができます。
 

こまめに窓を開けて換気をしましょう

快適なお部屋で過ごすため、こまめに室内の換気を行い、新鮮な空気を取り入れるように心がけましょう。
1日1回はすべての窓を開け換気を行いましょう。

凍結

冬季には給排水管の凍結にご注意ください。水が凍結して給排水管や給湯器などを破損してしまうことがあります。天気予報などを確認しながら、適切な対応をお願いします。
 

寝る前に水道の蛇口を開けてください

注意報が出るほど極度に気温が低い日は、寝る前に蛇口から、少しずつ水を出し、水道の凍結を防いでください。流水の量は、1分間で牛乳瓶1本程度が目安です。
 

水道管に熱湯はかけないでください

水道管が凍結した場合は、熱湯はかけないでください。急激な膨張で水道管が破裂する恐れがあります。
 

凍結防止措置をしないと修理負担も発生します

ご入居者の方が凍結防止の措置を行わなかったために、給配水管を破損してしまった場合、ご入居者ご負担で修理をお願いすることがあります。凍結防止対策は確実に行ってください。
 

降雪時注意点

転倒等にご注意ください

降雪時には階段、廊下が大変滑りやすくなります。お気をつけください。
 

除雪作業は各自でお願いします。

除雪作業は各自でお願いいたします(駐車区画、道路への通路等)。作業に伴う除雪用具等につきましては、12月~3月の間は共用スペース(玄関ドア横、階段下)に置いていただいても結構です。
 

各自にてご注意ください。

屋根に雪止め金具が付いている物件では、一定量を超える降雪があると屋根雪が落下する恐れがあります。天災、自然災害による事故(人身、物損)は弊社では責任を負いかねます。各自にて十分にご注意ください。

 エアコンの取り扱い

 

エアコンは定期的に清掃してください

エアコンは、使い続けるとフィルターにホコリが詰まり、臭いやカビの発生原因となります。定期的にこまめな清掃をしてください。
 

エアコン掃除スプレーの使用について

市販のエアコン掃除スプレーは、使用方法によりドレンホースが詰まることがありますので使用方法にご注意ください。
 

エアコンの室外機は、指定場所に設置してください

室外機の吹き出し口の近くに物を置くと、機能が低下したり、騒音が大きくなる可能性がありますので、ご注意ください。また、バルコニーに置く場合は、室外機からの排水ホース(ドレンホース)をバルコニーの排水口にしっかりと差し込んでください。
 

雷が鳴り出したらコンセントから抜いてください

落雷の発生する恐れのある場合は、運転を停止し、電源プラグをコンセントから抜いてください。落雷の影響により故障する場合があります。

落雷の後動かない、誤動作する場合は以下の手順で対応してください。
電源プラグをコンセントから一度抜いて、再度差し込み直してください。
リモコンで運転を再開し、正常に動作するか確認してください。

漏水

集合住宅では、水をこぼす・あふれさせると階下に漏水し、居住者の方に大変な被害を及ぼす恐れがあります。洗濯機の排水ホースの接続、キッチン・浴室などの排水、トイレの詰まり、バルコニーでの排水などに十分気を付けてください。
 

水道(水栓)、シャワーの開閉などに十分注意してください

洗面所や洗濯機、浴室から水があふれ出すと、階下に漏水することになります。以下の点を確実にチェックしましょう。
 ●蛇口やシャワーの閉栓をしっかり確認する
●洗濯機の排水ホースを排水口にきちんと差し込む
●キッチン、浴室などの排水口をこまめに掃除する
●油、ゴミ、生理用品などを排水口に絶対に流さない

 

バルコニーなどでは水の使用は禁止です

バルコニーや廊下での水の使用は禁止です。階下に漏水する恐れがあります。また、バルコニーの排水目皿は詰まりやすいので、こまめに清掃してください。
 

エアコン室外機の排水ホースは排水口へ差し込んでください

エアコンの室外機を設置する際、排水ホース(ドレンホース)をバルコニーの排水口に差し込んでください。
 

玄関の土間に水は使用しないで下さい

玄関の土間部分の清掃は、水を使用しないでください。土間部分は防水されていないため、階下に漏水する恐れがあります。

電球・電池交換について

室内でご使用になる照明器具の電球やエアコン・ガスコンロなどの電池交換は入居者様の費用負担にてお願いします。
電球のワット数とLED電球指定かは、必ず照明器具の記載をご確認ください。

お部屋の使用方法

故意・過失による部屋の汚損・破損は、退去時に修理費用(原状回復費用)をご負担いただく場合があります。お部屋の使用方法に気を付けることは、快適さの維持とともに費用負担を増やさないためにもなります。
 

家具の脚にフェルトなどを貼って床のキズつきを防止できます

フローリング・CF(クッションフロア)の部屋では、テーブルやイスの脚にフェルトなどを貼りましょう。引きずっても床にキズがつきにくくなります。また、タンスや本棚など重量のある家具は、畳やカーペットに直接置かず敷物の上に置くようにして、畳などに家具の跡がつかないように工夫してください。
 

CFの上にゴム製品を置くと変色することがあります

CF(クッションフロア)の床の上では、家具の脚に防振ゴムなどをつけた場合などゴム製品が接触すると、 その成分がビニル床材に移行して変色してしまう現象(ゴム汚染)が起こることがあります。その場合には、CFの張替え費用が修理費用対象となりますのでご注意ください。
 

クギやネジを打ち込まないでください

壁や天井には、クギやネジを打ち込まないようにしてください。
 

水廻りはこまめに清掃をお願いします

特にキッチン・風呂・トイレ・洗面台などの水アカ・カビ、ガスコンロ置き場・換気扇などの油汚れは、こまめに清掃をお願いします。清掃・手入れを怠ったことによる通常の使用を超える汚れは、退去時に別途、特別清掃費などをご負担いただく場合があります。

 

下水道の正しい使い方のお願いです

・油や洗剤など、排水口に直接流してしまうと配水管の詰まりや損傷の原因になってしまうものがあります。注意すべきものを知り、配水管トラブルを防ぎましょう。
・てんぷら油や食品に含まれる油や食器に残った油は布や紙にしみこませるか、固めて燃えるゴミ(横浜市の場合)として捨てましょう。
・水と混ざることで固くなる性質があるものなど、排水口に流してしまうと配水管の内側に固着することがあるものは、よく拭き取り処理しましょう。
※ゴミの捨て方は各市区町村指定の方法・曜日に従ってください。

公益社団法人日本下水道協会HP「下水道の正しい使い方」をご参照下さい。